かかりやすく安心して利用できる小児科医を目指しています。
診療科目

受付開始は8時30分、診察開始は9時です。専門外来・健診・ワクチン・発達外来は予約制です。

休診日

一般診察
土曜午後、日曜、祝日

病児保育
第1・3・5日曜日、祝日
12月30日~1月3日

所在地
〒760-0073
高松市栗林町1丁目4-11
お問い合わせ
お気軽にお問い合わせください。
TEL:
FAX:087-835-2027

活動報告

1 2 3 17

へいわこどもクリニック 事務 松本

12月9日(日)こどもハイキングは三木町の白山ハイキングとアイススケートでした。

こども25名、父兄3名、スタッフ4名で行ってきました。当日は気温が低いものの朝から快晴で、ことでん瓦町駅に集合した子どもたちも元気モリモリな様子。長尾線に乗車し景色を見ながら移動しました。白山駅に到着し、早速白山神社よりハイキングスタート!

毎回参加してくれる子どもや、今回が初めての子どももいました。年齢も4歳から11歳までの子ども達。大きい子が小さい子の足元を心配して一緒に登る姿など、上級生からは頼もしい一面も見えました。頂上では全員無事に登り終えて記念撮影。下山後はお弁当タイム。寒い中でしたがみんなでワイワイ過ごしました。
午後はアイススケートへ。日曜日とゆう事もあり、リンク内はかなり混み合っていましたが、コーチの先生に各々のレベルが上がるよう教えてもらいながら滑ることが出来ました。
帰りの電車では参加してくれた子どもたちから「また行きたい!」という声を沢山聞きました。次回も楽しい時間が作れるよう頑張りたいです。
秋・冬のスキンケア
10:00 ニコニコ館集合

自己紹介とカフェタイムをまったり
今日のおやつはコロコロドーナツです。

10:15頃~ スキンケアのはなし

からだの洗い方・軟膏の使い方など♥
泡の立て方 保湿剤/軟膏の種類 使い方など
モイストチェッカーで肌のうるおいチェックをしました。

11:20頃 自由解散

カフェの風景の写真を撮影し、クリニックのHPやカフェ紹介・カフェ報告に使用させて頂きます。
使用がNGの方はスタッフまでお声掛けください。

今回のメニューは「米粉のクレープ」で、4組10名の方が参加してくださいました。

宮武先生からアレルギーの話を聞いた後に、参加されたお子さんも一緒にクレープを作りました。粉を混ぜたり、生地を焼いたり、調理の過程も楽しそうでしたが、やっぱり好きな具を選んで食べているときが一番いい笑顔でした。人気だったのは豆乳生クリームやチョコレート。クレープを初めて見る(食べる)お子さんもいて、「家でも作ってみますね」「チョコレートも食べられるんですね」など感想も聞くことが出来ました。

高松平和病院 リハビリ科 今西

10月14日に秋の小豆島ハイキングに参加しました。こども17名、大人2名、スタッフ6名で行ってきました。9月30日に台風が来たため2週間遅れのハイキングでした。その日は天候に恵まれハイキング日和でした。

高松港で集合し、約1時間かけて船で小豆島の草壁港にたどり着きました。港からはバスで15分ほどバスに揺られ、寒霞渓ロープウェーイ乗り場まで行きました。

ロープウェーイ乗り場からハイキングの始まりで、頂上を目指しました。始めは家族と分かれるのが辛く、元気のない子もいました。体力に自信がなく山登りが苦手の子もいました。みんなで見守り、励ましながらその子のペースに合すことで全員頂上に登ることができました。元気がなかった子も頂上で家族の手づくり弁当を食べる頃には元気になり、しっぽ取りゲーム、大縄跳びのレクレーションも楽しく参加してくれました。その後、頂上でお土産を買い下山しました。下山は登りとは違いみんなワイワイ言いながら楽しく下山することができました。

高松平和病院 中材・手術室 大林広朋

6家族14人と多くの方の参加がありました。お子さん達は年齢が近かったこともあり、学習をされている保護者さんの前で、みんなでわいわい遊べていて楽しい雰囲気の教室でした。

教室には、お母さんが来られることが多いのですが、今回はお父さんとお子さんで来られている家族がありました!お父さんの感想では、お子さんの喘息については普段はお母さんが看ることが多いようですが、参加して内容が分かった!との声があり、良かったです。家族みんなで喘息のことを知ることで、なるべく悪化しないよう日常生活において工夫ができ、喘息の発作予防に繋がっていくと思います。

日中は元気だけど、夜になると咳が出て眠りにくい。これも喘息?どう対処したら良い?という質問がありました。夜間~明け方に喘息は出やすいです。咳が続くときは寝ている姿勢が辛いので、まずは起こして(座って)様子をみてください。吸入など発作時の対応がある場合は指示通りに。また乾燥は刺激になるので加湿を心がけたり、飴・氷など何か喉が潤うものを口にするのも咳が和らいだりします。

秋になり過ごしやすくなりましたが、喘息の人にとっては辛い時期でもあります。調子が悪そうなときは、無理をせず早めに対処して大きな発作が起きないように注意しましょう。

へいわこどもクリニック 谷

1 2 3 17