アレルギーグループ 第1回ぜんそく教室報告

4月18日(土)ぜんそく教室が開催されました。3組5名の参加を頂きありがとうございました。
まず、ぜんそくについてのクイズに答えて頂きました。その後、ドクターよりぜんそくの症状や治療、発作が出た時の対応、自宅の環境整備の方法などの説明を受けました。
フローボリュームという検査を体験し、ぜんそくの患者さんとの違いも目で見て学びました。ドクターへの質問も活発に飛び交いました。
ぜんそく治療は長期に薬を飲んだり吸入したりと大変ですが、保護者の協力なしには継続した治療はできません。
今回は小さなお子様を持つ保護者の方が多かったのですが、小学生になれば、学校生活の中で自分で気をつけていかなければいけない事もいくつかあります。
自分でお薬をのんだり、症状に合わせて吸入をしたりしていかなくてはいけませんね。どうしてぜんそくが起きるのか、どうして面倒な治療をしないといけないのか、そんな疑問が解決できる教室にもなればいいなぁと考えています。次回は秋ごろの開催予定です。
正しい知識を持ち、よりよくコントロールできるために、一緒に頑張って行きましょう!
02
03


pdf

PDFで見る

タイトルとURLをコピーしました